L o v i n ' J J Kim Jaejoong only fan site Lovin'JJ in Japan

専属契約の効力禁止仮処分申請 終結

2012/11/28 / by lovinjj

JYJ vs SMエンター、3年4ヶ月の間の法的紛争、訴訟取り下げで電撃的合意

約3年4ヶ月の間持続されたJYJとSMエンターテイメント間の契約分政調屋双方の合意となった。

合意内容には、双方が既存の締結されたすべての契約を2009年7月31日に終了し、これに関連するすべての訴訟を取り下げて、今後の活動に干渉しないという部分も含まれていることが分かった。

これを置いてJYJのマネジメントを引き受けたC-JeSエンターテイメントは28日
「事実3年前、裁判所が仮処分申請を受け入れた時から、我々は勝った戦いと思っていた。
事実JYJの活動妨害は法的な問題ではなく、ダビデとゴリアテの戦いなので判決後に活動が大きく変わることはないと思う」と明らかにした。
これに伴い、これからJYJの放送出演ももう少し活発になると思われる。
C-JeS代表は、今後の活動計画について「我々は、JYJだけができる道を行っており、また今後も私たちが計画したように活動していく。今回の調整の成立に本案判決を口実に、いくつかの制約された事例が改善することを願う」と伝えた。

SMエンターテイメントも同日の立場を明らかにした。
SMエンターテイメント側は「3人が東方神起として活動する意思がないことを明らかにしたので、SMはもう3人をマネジメントする理由がないと判断し、今後互いに関連していることがなくなったので、相互干渉しないようにして今日の調整を介して裁判を終えることになった。一緒に現在も東方神起として活動するユンホ、チャンミンが、今後の訴訟進行に伴うこれ以上の追加ダメージや、不必要に話題にされることを防止するために裁判を終えることが最善だという判断を下した」との立場を明らかにした。

一方、東方神起として活動していジュンス、ユチョン、ジェジュンは2009年7月31日所属事務所であったSMエンターテイメントを相手に’専属契約の効力禁止仮処分申請’を提起して法的紛争を続けてきた。
以後三人はJYJを結成して活動してきた
(オーマイニュース)

———————————————–

JYJ、「不公正な慣行改善のきっかけになった」…事務所が立場発表 
11月28日13時

JYJの所属事務所C.JeSエンターテインメントが、SMエンターテインメントとの専属契約争いが幕を閉じたことに対する公式的立場を明らかにした。

SMエンターテインメントとJYJの3人ら、双方が結んだすべての契約は仮処分申請日である2009年7月31日付で終了となり、関連するすべての訴訟は取り下げとなった。
JYJの法務代理人・法務法人セジョンは、
「ジェジュン、ジュンス、ユチョンの3人が前所属事務所を相手に提起した仮処分申請は、絶対的弱者である新人という地位を利用した不公正な契約は無効であるという判決が二度も出たことで、既存の芸能界に存在していた不公正な慣行等を一掃させ、画期的に改善する決定的なきっかけとなった」と伝えた。

続いて、「これにより、公正取引委員会、人権委員会、文化観光部等で新人たちを保護するために関連する法規定等を改善しており、何よりも芸能プロダクション等、芸能界の当事者たちの認識を改善することで、特に新しく芸能界に進出する新人たちの法的地位を保障し、新人たちが安定した土台の上で自由に活動ができる基盤を固めることになった」と、今回の専属契約争いの意味を説明した。

JYJのマネージメントを担当するC.JeSエンターテインメントのペク・チャンジュ代表は、
「実は3年前に裁判所が仮処分申請を受け入れた時から、我々が勝てる戦いであると思っていた。
事実、JYJの活動妨害は法的な問題ではなく、‘ダビデとゴリアテの戦い’のようなものなので、判決後、活動が大きく変わることはないと思う」と語った。

続いて、「我々はJYJだけができる道を行っているし、またこれからも我々が計画したとおりに活動していくつもり」と話し、
「今回の調停の成立で、本案判決を理由に一部制約されていた事例が改善されることを望みながら、これまでと変わらず、支持してくださる国内外のファンのみなさんに改めて心から感謝の気持ちを伝えたい」と語った。

提供:〔KSTAR NEWS&Joynews24〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です